いくつ言える?牛ホルモンの種類!定番なものから通なものまで紹介します!

The following two tabs change content below.

ホルモン母ちゃん

1962年創業のホルモン専門店、夏目ホルモンの女将です♪( ´▽`)ホルモンについての知識や家族の日常などをブログに更新しております♪♪ 商品についてのご質問などありましたらお気軽にご連絡ください( ´∀`)

こんにちはホルモン母ちゃんです!

突然ですが皆さんは焼肉屋さんで

このホルモンはどこの部位何だろう、、?

と疑問に思ったことはありませんか?

聞き馴染みもなく、名前だけでは想像できないので
頼みづらいですよね、、、

 

ですので今回みなさんに馴染みのあるホルモンから
もしかしたら聞いたこともないマイナーなホルモンまで
部位ごとに分かりやすく、皆さんにご紹介します!

今日は牛のホルモンについて詳しく解説していきますよ!

このブログを読んだら、みなさんもホルモン通になること間違いナシですよ!

 

1、牛のホルモン

 

牛のホルモンは豚のホルモンに比べ臭みが少なく、食べやすいのが特徴なので

ホルモン初心者にはかなりオススメの食材です!

そんな牛ホルモンの主要なホルモンから通なホルモンまで分かりやすく解説します!

 

ホルモン母ちゃんが厳選したホルモン10種類!

 

 

①「牛タン」
英語のタング(舌)が名前の由来で薄くスライスしたものは焼肉、ブロックは煮込みに使われます。牛タンは根元に近づくほどサシ(脂)が多いのが特長です。
ホルモン母ちゃん
タンはお肉だと思っている方も多いと思いますが、ホルモン(畜産副生物)に分類されるんですよ!

 

 

②「牛ハツ」
名前は英語のハートかきています。淡白な味でクセがないのでお子様にもおすすめです。筋肉のかたまりなので脂は少なく、弾力のあるコリコリとした食感が特徴です。
赤色の部分の色をチェック!
色が鮮やかなものは新鮮な証拠!新鮮なハツを選びたい時は色で見極めましょう!

 

 

③「レバー」
肝臓。栄養素の分解、合成を行う臓器だけに栄養のかたまりです。造血器官なので鉄分が豊富。貧血気味の肩におすすめの食材。やわらかいですが、弾力もあり独特の濃厚な味わいが魅力的な食材。牛のレバーは豚のレバーに比べると臭みは少ないんです。

 

引用https://r.gnavi.co.jp/bmksw2zc0000/menu2/

④「ハラミ」
横隔膜を取り囲むようにつき、膜を収縮させる筋肉で見た目も味も赤身肉に似ています。「腹身」という名前の由来は、肉と内臓の中間的な性質をしていることから名前がついたそうです。
ホルモン母ちゃん
実はハラミも内臓肉のため、ホルモンに分類されるんです、びっくりですよね(°_°)

 

 

⑤「ミノ」
牛の胃袋で、4つある胃袋の中で最も大きい部位。袋状になっていて開いた状態の形が蓑に似ていることから名前がつけられています。クセはなくしっかりとした味があるのが特長です。
合計4つもある牛の胃袋
牛の胃は複胃といって、4つの胃から構成されている!それぞれの胃で役割が異なっているためなくてはならない器官なんです!

 

 

⑥「ハチノス」
牛の第2胃。イタリア料理ではトリッパという名前で流通しています。ハチノスを使った煮込み料理は西洋でもポピュラーですが、モツ鍋に入れても独特の出汁が出ておすすめです。

 

 

 

引用 http://www.omi-gyu.com/fs/omigyu/h13

⑦「センマイ」
牛の第3胃。幾重にも重なる薄いひだが千枚もあるように見えるのがこの名前の由来だそうです。グロテスクな見た目に反して、味は意外とあっさりしていて食感も楽しめます。

 

 

引用https://www.daitoenshop.com/SHOP/da54.html

⑧「ギアラ」
牛の第4胃。名前はギャランティがなまったものと言われています。第1〜3胃に比べると表面がとてもなめらかです。牛の胃の中では一番弾力があります。
ホルモン母ちゃん
モツ鍋にもとてもおすすめですよ!

 

⑨「牛小腸」
よく弾力があり脂が多く甘みがあります。焼肉やもつ鍋には欠かせない食材のひとつです。色は白に近い肌色で脂が白いのは新鮮なものです。
ホルモン母ちゃん
コラーゲンたっぷりで女性には嬉しい栄養がいっぱい含まれているんですよ♪( ´▽`)!

 

 

⑩「シマチョウ」「テッチャン」
腸管の内側にあるピンク色の縞があることからこの名前で呼ばれています。テッチャンは韓国語からきているそうです。外側についている脂のとろけるような旨味が魅力の食材です。

 

 

2、老舗ホルモン専門店の人気牛ホルモンランキング

 

様々な種類がある牛ホルモン。

そんな牛ホルモンの中で人気の種類はどれなのか

ホルモン専門店『夏目ホルモン店』の売れ筋ランキングを発表しちゃいます!!

 

 第3位 『 牛ミノ』

牛ミノは幅広い層の方から人気があり、なんと言っても臭みがないのが人気のワケです!

ホルモンが苦手な方でもミノは食べやすいので是非焼き肉屋さんなどで頼んでみてください!

味にクセがないので様々なアレンジ調理ができるのが主婦として嬉しい魅力です!

 

第2位  『牛テッチャン』

牛テッチャンはホルモン独特の触感と、脂身の旨味がたまらないホルモンです。

脂身は牛白モツほどついていないので脂っこくないので食べやすいです!

もつ鍋では牛白モツだけだと脂っこくなってしまうので、

この牛テッチャンも一緒に購入される方も多いんですよ!

 

そして第一位は、、?

 

 

第1位 『牛白モツ』

牛白モツは牛の大腸と小腸が混ざった商品です!

こちらの商品は牛ホルモンの中で不動の人気で

BBQや焼肉、モツ鍋用に購入される方が多いです。

脂身が多いのでホットプレートやフライパンより網で焼くのをオススメします!

 

3、食べなきゃもったいない!? ホルモン通が選ぶホルモンランキング

 

先ほどは人気ホルモンランキングでしたが、

次は知る人ぞ知る、通ホルモンランキングを発表します!!

ホルモン好きにはかなりオススメですよ!

 

 

第3位 『牛ギアラ』

ギアラはコリコリとした食感が特徴で、

焼肉屋さんで見かけたことがある方も多いんじゃないかと思います。

焼肉でもモツ鍋でも美味しい万能食材です(*´∀`*)

 

第2位  『牛ウルテ』

ウルテは牛の喉軟骨でコリコリとした食感がクセになる部位です。

そのままではとても硬いので細かく切り込みが入っています!

あまり焼肉屋さんでは見かけませんが、

もし見かけたら頼んでみてくださいね(о´∀`о)

 

そして第一位は、、、?

第1位  『牛ハツモト』

ハツモトは、別名ポッポとも言われていて部位は大動脈になります。

ハツモトという名前の通り心臓の横についていてコリコリとした食感が魅力です!

オススメは塩味で夏目ホルモンのメニューには無いのですが、

裏メニューとして頼めるので、気になった方は食べてみてくださいね♪( ´▽`)

 

4、まとめ

 

牛ホルモンは比較的臭みが少なく食べやすい食材なので、

ご家庭でもぜひ食べてみてくださいね!

 

あまりホルモンを食べる機会がない方や少し苦手な方は人気な王道ホルモンを!

そしてホルモンが大好き!!という方は通なホルモンを食べて

夏に向けてしっかりとスタミナをつけましょう(о´∀`о)

 

 

 

 

 

 

 

 

2 Comments

なんちゃって関西弁の名無し

配信楽しみにしてます^ ^早速足跡残しに来ました♪何ヶ所かのお店の配信でどんちゃん騒ぎしてるのでご迷惑をお掛けしちゃマズイな、なんて思って名無しで参加してますが、癒しをありがとうございます。また次回を楽しみにしてます。ブログもゆっくり読んでみますね^ ^
時期を見計らって名乗ります笑

返信する
ホルモン母ちゃん

こんにちは!
わざわざブログまで見ていただき嬉しい限りです(*´∀`*)
配信中もたくさんのコメントありがとうございました!
癒しだなんて、、とてもありがたいお言葉です♪( ´▽`)

いつでも配信など遊びにいらしてくださいね!
息子たちと一緒にお待ちしています!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です